福島県の特産物などを取りそろえた「福島の物産と観光展」が19日から那覇市久茂地のデパートリウボウで始まる。日本酒の飲み比べができる「日本酒バー」が出展するほか、パレット市民劇場ではフラダンスショーなどのイベントも開催される。25日まで。

「福島の物産と観光展」をPRする福島県観光物産交流協会の徳永勝男事務局長(左端)=18日、沖縄タイムス社

 福島物産展は今回で15回目。人気の食品コーナーには初出展の店からゆべしやあんぽ柿など、地元の特産品が並ぶ。日本酒バーには福島県内にある31の蔵元から6社が日本酒を出展する。

 18日、沖縄タイムス社を訪問した福島県観光物産交流協会の徳永勝男事務局長は「物産展を通じて福島の魅力を伝えたい。ぜひ多くの方に来場してほしい」と語った。