「私を置いて行ってしまうんだね」。春の人事異動を知った男性から、冗談交じりで連絡をもらった。男性との出会いは、炎天下の慰霊祭の帰り道。すれ違い際に、毎日ごみ拾いをしている人を取材してとほしいと懇願された▼以来、地域の面白い“ネタ”を携え、取材の段取りまで買って出てくれたことも。