沖縄労働局の待鳥浩二局長=写真右=と松野市子雇用環境・均等室長=同左=は27日、離任あいさつで沖縄タイムス社を訪れた。在任中に、県内の有効求人倍率は復帰後初の1倍台を記録するなど、雇用情勢が改善した。待鳥氏は「正社員雇用など、雇用の量から質の改善、働き方改革に取り組んでほしい」と課題を指摘した。