白七段 當山勝黒六段 渡嘉敷亮(6目半コミ出し)フリカワリもあった 決勝リーグは3人が2勝1敗の同率となり仕切り直し。くじ引きにより、當山さんが渡嘉敷さんより1回多く対戦しています。まさに体力勝負の一番です。 右上隅白32は変わったカカリ方ですが、本局のように右下隅が堅い配置では時折見掛けます。