憲法は権力と国民の会話の機会−。那覇市のタイムスホールで27日、憲法学者の木村草太さんが改憲問題や憲法学の視点から見た沖縄の基地負担をテーマに、憲法の未来を語った。