2月29日から大阪市で開催されるサッカー女子のリオデジャネイロ五輪アジア最終予選に向け、石垣市内で合宿している日本代表「なでしこジャパン」候補は19日、午前と午後に練習し、宮間(岡山湯郷)や大儀見(フランクフルト)らが攻撃の連係を磨いた。

ステップを踏み、体をほぐす宮間あや(右)ら「なでしこジャパン」候補=サッカーパークあかんま(伊禮健撮影)

 午前は約2時間のメニューで体力面の強化とともにサイドから崩す攻撃パターンを確認し、午後は約1時間半、ミニゲームや午前と同様の攻撃練習などで汗を流した。