翁長雄志知事が、辺野古新基地建設をめぐる国と県の争いで、3件目となる訴訟の提起を発表した。いずれも「初めてづくし」で先が見えない。費用もかさむが、翁長知事は県民の代表、沖縄の政治家として、過重負担を解決するために裁判は必要な手法と認識し、理解を求めた。政府は「提訴の対象外だ」と冷ややかだ。