翁長雄志知事は20日、県庁で会見を開き、与那原町と西原町にまたがる中城湾港マリンタウン地区に建設する大型MICE施設の施設規模で、最大4万平方メートルの展示スペースを確保すると正式に発表した。

MICE施設が建設される与那原・西原町のマリンタウン東浜=2014年撮影

 国際的な見本市などを開催する展示スペースの規模を当初構想の2万平方メートルから3万平方メートルへ拡張し、多目的ホール(7500平方メートル)とホワイエと呼ばれる休憩スペース(2500平方メートル)をつなげ、4万平方メートルの展示スペースとして一体運用する。2階建ての中小会議室20~30室(計7500平方メートル)や2千台が駐車できる立体駐車場なども整備する。2020年の運用開始を目指す。

 翁長知事は「4万平メートル規模の展示会に対応できる施設にして、国内やアジアの大部分の見本市や展示会に対応できる競争力のある施設にしたい」と語った。