琉球王国の正史として編さんされた歴史書『球陽』によると、尚貞王の時代の1682年の項に「昔、壺屋は美里の知花と首里宝口、那覇湧田の3カ所にあり、その陶窯を牧志村の南に移し、合併させた」とあり以後、琉球陶器の一大生産地となったのが今の国際通り近くにある壺屋焼物(やちむん)街である。泡盛の歴史と共に歩んできた壺屋焼には上焼(うわやち)、荒焼(あらやち)、カマグヮー焼、アカムヌー(素焼き)の4種があり、保水性の確保のため上薬を塗った上焼は日用雑器として、上薬のない荒焼は泡盛容器として現在もよく用いられているものである。

 代表的な酒器が「カラカラ」である。奄美や鹿児島のカラカラ、熊本のガラといった酒器もよく似た酒器であるが、これは琉球から伝播(でんぱ)したもので、本家本元は琉球なのである。泡盛の酒席には欠かせない酒器で、どっしりとした姿は安定していて使いやすく、琉球の人たちが最も長く愛用してきた注酒器である。空になったものを振ると、カラカラと音がするのでこの名が付いたという。なぜ音が出るかというと、まず胴体を轆轤(ろくろ)を回して作ってから注ぎ口を胴に張り付けて、接合部を切除してから穴を開けるが、切除部分が胴の中に残り、酒がなくなるとカラカラと音を立てるのだそうだ。沖縄以外に名の由来を示す語がないので、この酒器は琉球から本土の焼酎圏に伝えられたものである。

 「嘉瓶(ゆしびん)」は御慶事のときに使われる酒器である。独特の瓢箪(ひょうたん)型の形は、脇に抱えて持ち運びやすいようにしたためとも言われ、とても品位の高い曲線に高貴な美しさが加わって、位の高い王族や貴族、那覇の旧家で使われたものだといわれている。

 世界中でここしかないといわれる、とてもユニークな形をしたのが有名な「抱瓶(だちびん)」である。泡盛を入れ、肩につるして使用する携帯用の酒瓶で、表面が曲線状の三日月形と、表側を三つに面取りした面取り形とがある。このような形を成し、持ち歩くといった用途も兼ねた酒器は琉球以外世界中のどこを探してもなく、泡盛と連動した固有の酒器である。構造は先端に注口、上部中央に泡盛入り口、外面に続く両側にひもを通す耳があり、酒器全体が曲線を持って腰に密着するように湾曲している。

 現存している抱瓶には、荒焼は確認されてなく、すべて彩色された美しい上焼である。このことは、古くからあった酒器ではなく、比較的新しい時代のものだと見られている。全体が赤や緑、青などで彩色されたり、絵が彫り込まれたり、近年は美術品としての価値も高まってきている。この抱瓶の分布は首里や那覇には少なく、反対に地方に多いことから、昔は豪農たちが山野の巡回や猟、花見、観月、競馬、古武道観戦などへ行くときに携帯したようである。

 文献によると、豪農たちは競い合って壺屋に立派で美しいものを特別に注文したので、その当時の名器が今でも多く残っているとのことである。依頼された陶工たちは、技術的にも釘(くぎ)彫りや象嵌(ぞうがん)、染め付け、練上手(ねりあげて)、流し釉(うわぐすり)などの技法を加え、どんどんと進化させていったという。そして豪農たちは気に入った抱瓶を持ち寄って「抱瓶勝負(ダチビンスーブ)」を行ったというから、熱の入れようはすごい。