翁長雄志知事は大型MICE施設の規模で、展示場を3万平方メートルに拡張し、最大4万平方メートルの展示スペースを確保できる施設を整備することを決めた。当初構想や有識者でつくる県MICE施設整備推進委員会の結論よりも拡大した背景には、規模拡大を求めていた「経済界への最大の配慮」(県職員)がある。