沖縄タイムス+プラス ニュース

神森・美東中、ハンド全国V

2018年3月29日 17:19

 ハンドボールの第13回春の全国中学生選手権大会は28日、富山県の氷見市ふれあいスポーツセンターで男女の決勝を行い、男子は神森が霧島クラブ(鹿児島)を31−22で下し、全国の頂点に立った。女子は美東が三郷市立北(埼玉)を24−20で破り栄冠を勝ち取った。いずれも初優勝。

ハンドボールで日本一に輝いた男子神森中=富山県氷見市(提供)

ハンドボールで日本一に輝いた女子美東中=富山県氷見市(提供)

ハンドボールで日本一に輝いた男子神森中=富山県氷見市(提供) ハンドボールで日本一に輝いた女子美東中=富山県氷見市(提供)

 県勢の優勝は2009年、女子の神森以来。男子神森は2年ぶり6度目、女子の美東は5年ぶり2度目の出場だった。全国から男子49チーム、女子47チームが熱戦を繰り広げた。

 大会の優秀選手(男女各7人)に、男子神森の伊禮颯雅、照屋拓実、根間光裕寿、女子美東の比嘉楓、金城菜々子、西田ゆいの6選手が選ばれた。両チームは29日、沖縄に凱旋(がいせん)する。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム