県議会(新里米吉議長)は28日の2月定例会最終本会議で、環境影響評価(アセスメント)の実施を求める対象を広げ、厳格化するアセス条例の改正案を賛成多数で可決した。野党の沖縄・自民、中立の公明と維新は反対した。