21日は、1年で最も寒い日とされる二十四節気の大寒。本部町の八重岳では20日、ヒカンザクラが開花期を迎え、観光客らの目を楽しませている。

鮮やかなピンク色の花を咲かせるヒカンザクラ=20日午前、本部町・八重岳(長崎健一撮影)

 豊見城市から訪れた古見恭子さん(31)は「母の誕生日プレゼントに親子で花見に来た」。鮮やかな花に母親も満足そうな表情で見入っていた。

 日本一早い桜まつりで知られる「第38回本部八重岳桜まつり」と「第9回今帰仁グスク桜まつり」が23日から始まる。2月7日まで。

 沖縄気象台によると21日朝の予想最低気温は13度。22~24日にかけて気温は平年より下がる見込み。24日は最高気温が11度と寒さが厳しくなるという。