JA共済連県本部は17日、那覇市の漫湖公園や旧JA会館周辺の清掃を実施した。職員67人が参加し、たばこの吸い殻や空き缶などごみ袋24袋分を拾った=写真。知念盛彦本部長が「これからも社会貢献活動を通じて地域との絆づくりに努めていく」と意義を語った。