沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は28日、公共施設などの管理に必要なシステムの開発・販売を手掛けるクロスポイント・コンサルティング(宜野湾市、川根金栄代表)に、2千万円を出資した。同社は従業員を5人増やし、システム開発や自治体への営業を強化する。