名護市・恩納村・読谷村は20日、沖縄で結婚式を挙げるリゾートウエディングを盛り上げようと、「沖縄リゾートウエディング応援宣言」を発表した。本島西海岸でホテルやビーチが集中する地の利を生かし、特産物を使った引き出物や体験型観光商品の開発で、地域産業への波及効果を狙う。同日、3市村長がそろって記者会見した。

リゾート婚の応援宣言をした3市村長や関係者ら=20日、読谷村の「チュチュリゾートウェディング ラソール ガーデン・アリビラ」

 西海岸に面する3市村には、県内の半分以上のリゾート婚関連施設が集中している。一方で、引き出物や観光商品の開発など関連事業の展開が少なく、地域産業への波及が課題だった。

 3市村は沖縄リゾートウェディング協会と連携し、特産物を使った引き出物をそれぞれ開発し、独自の取り組みにも力を入れる。

 市管理公園・史跡での記念撮影などに協力する名護市の稲嶺進市長は「連携を強める新しい試みに期待している」とあいさつ。体験型観光商品の開発などに取り組む恩納村の長浜善巳村長は「有意義なものになるよう3市村で力を合わせていきたい」、特産の焼き物を使った記念ボトルの贈呈を提案する読谷村の石嶺傳實村長は「この地域にしかない付加価値を見いだし、客の獲得を目指したい」と語った。

 宣言は、地域ブランド創出の取り組みを促進する中小企業庁の「ふるさと名物応援宣言」の一環。