北谷浄水場や米軍嘉手納基地周辺の河川から高濃度の有機フッ素化合物PFOS(ピーホス)が検出されたことを受け、沖縄県の平良敏昭企業局長は21日、沖縄防衛局を訪ね、嘉手納基地でのピーホスの使用実態があれば使用中止や対策を働き掛けるよう要請した。

嘉手納基地内でのピーホスの使用実態の確認や立ち入りの働き掛けについて沖縄防衛局企画部の宮川均次長(右から2人目)に求める県企業局の平良敏昭局長=21日、沖縄防衛局

 現在の使用の有無については週明けの回答を求めた。防衛局企画部の宮川均次長は、すでに一報は米軍に報告していると説明し「速やかに要請を伝達する」と応じた。

 平良局長は、使用の実態があれば履歴と対策を示すこと、水質検査のための基地内への立ち入りと採水ができるよう調整も求めた。