沖縄タイムス+プラス ニュース

春季高校野球8強出そろう 沖縄工・未来沖縄・沖水など進出

2018年3月30日 05:00

 高校野球の第65回県春季大会(主催・県高校野球連盟)第7日は29日、北谷など3球場で3回戦8試合を行い、沖縄工業、KBC学園未来沖縄、沖縄尚学、美来工科、沖縄水産、興南、前原、コザが準々決勝に進み、8強が出そろった。

那覇商-沖縄工 8回裏沖縄工2死二、三塁、親川奨人の左前2点二塁打で生還し、逆転を喜ぶ二走・東江省吾(右)=沖縄セルラースタジアム那覇(渡辺奈々撮影)

 沖縄工は1―5の八回、四球で先頭打者が出塁し、二死後、長短3連打で3得点。さらに2死二、三塁、8番親川奨人の2点適時二塁打で勝ち越し。那覇商業に6―5で逆転勝ちした。

 未来沖縄は延長十一回2死三塁から相手の暴投で首里に5―4でサヨナラ勝ちし、初の8強入りを果たした。沖尚は延長十回、知念大成の2点適時三塁打、池間大智の適時打で3得点し、中部商業に6―3で逆転勝ち。美来工は主戦比嘉竜聖が低めを丁寧につく投球で宜野座打線を被安打5に抑え2―0で勝利した。

 沖水は嘉手納に終盤追い上げられながらも序盤のリードを生かし4―3と辛勝。前原は継投策で八重山農林を零封し3―0で勝った。シードの興南は先発の宮城大弥が被安打5、無四球14奪三振で完封して4―0で宜野湾を退けた。コザは八重山商工に10―0で七回コールド勝ちした。

 第8日は31日、同球場ほかで準々決勝を行い、4強が決まる。

気になる試合経過をチェック! 全試合イニング速報
 

イニング速報の画面

 沖縄タイムス+プラスでは、高校野球沖縄大会の全試合のイニングスコアを速報しています。球場に行けないときでも、気になる試合経過をPCやスマホでチェックできます。ますます目が離せなくなる高校野球。ぜひご活用ください。(※有料会員向けサービスです


野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム