昨年10月に沖縄県東村高江で米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリが不時着・炎上した事故現場で29日、周辺の土の入れ替え作業が進んでいるのが確認された。土地所有者の西銘晃さん(64)によると、沖縄防衛局は13日に作業を開始し、4月25日に完了予定という。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。