心臓移植手術を受けるため、米ニューヨークのコロンビア大病院に入院した翁長希羽(のあ)ちゃん(1)の両親は21日、近況を「のあちゃんを救う会」のフェイスブックページで報告し、支援者への感謝の思いをつづった。

コロンビア大病院に入院中の翁長希羽ちゃん(両親提供)

 希羽ちゃんは日本を出発してからニューヨークに到着するまでの14時間、「いつもと変わらない様子」で周囲を安心させたという。

 現在は、コロンビア大病院の集中治療室(ICU)で、移植待機リストに登録するための検査などを受けており、両親は「早ければ今週中にも登録できるのではないか」としている。

 一方、大勢の外国人医師や看護師がいる中でも「得意の希羽スマイル」をみせ、「キュート」などとかわいがられているとも報告。両親は「日本と変わらない様子でいてくれてます」と近況を説明し、支援者に「いつも応援してくださり、ありがとうございます」と感謝した。