沖縄本島南部の公立小学校に通う4年の男子児童が2015年、自宅で自殺した件で、自殺といじめとの関連などを調べる第三者委員会は30日午前、学業不振や体調不良など複合的な要因があるとしつつ、「繰り返されたいじめが自死の主たる要因の一つ」とする報告書を地元自治体の教育長へ答申した。

第三者委員会委員長(左)から報告書を受け取る地元自治体の教育長=30日午前、本島南部

 報告書では「いじめの深刻さが社会一般的にみて重度であるとまではいえない」としつつ、学校が適切な対応をしていれば自殺を防止できた可能性があると指摘した。

 また、一定規模以上の全ての小学校へ、いじめ対策に特化した「児童支援主任」の配置などを求める再発防止策を提言した。