沖縄気象台は21日、防災情報や過去の災害発生日を盛り込んだ「沖縄防災カレンダー」を同気象台のホームページ(HP)で公開した。

沖縄気象台が公開した「沖縄防災カレンダー」のPDF版。気象台ホームページからダウンロードできる

 カレンダーは2種類。HP上で閲覧できる「Web版」は、過去に県内外で起きた災害の発生日や概要のほか、平年の桜や梅の開花日、セミの初鳴日などの季節情報が掲載されている。

 印刷して使える「PDF版」は、月ごとに上下2段組で構成。上段には、月ごとで発生しやすい災害の詳細や身の守り方を掲載。下段の暦部分には、旧暦や二十四節気、前年の日ごとの最高・最低・平均気温などが盛り込まれている。

 同気象台業務課の久保直紀広報係長は「普段の生活の中で、災害について考える機会を増やしてもらいたいと思い作成した。家族でカレンダーを見ながら防災について話をしてほしい」と呼び掛けた。