第10回英語教育を考えるフォーラム(主催・沖縄の英語教育を考える会、共催・沖縄タイムス社)が24日、与那原町の沖縄女子短期大学で開かれた。研究者や実業界、行政、学校教育の立場から論者が登壇。英語の国際語としての役割に着目し、非英語圏を含めた異文化を理解するツールとして活用する重要さを議論した。