【宮古島】報道機関の姿勢について考える平和学習会(主催・マスコミ労協宮古連絡会議)が23日、市中央公民館であり、沖縄タイムス北部報道部長の阿部岳記者と琉球新報社会部の沖田有吾記者が県内2紙の報道姿勢について説明した。