【名護】農家や料理人でつくる「やんばる畑人(はるさー)プロジェクト」は25日、市21世紀の森公園で食の祭典「香祭(かばーさい)」を開いた。飲食店のブースが25カ所並び、地産地消をアピール。10回の節目となる今回は本土や中部からも趣旨に共感した4店がゲスト参加した。