国立劇場おきなわによる新作喜劇「ぺーちんの恋人」(嘉数道彦作・演出、阿嘉修振付、仲村逸夫音楽)が24日、浦添市の同劇場であった。琉球王国が崩壊し、日本に併合されたころの沖縄を舞台に、父と子による芸と恋を巡る争いを描き、楽しみどころ満載の喜劇に昇華させた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。