10日午後、五目サビキ釣りで小型の魚を数釣ろうと計画した桃原光平さん。父親と2人で勝連海岸の防波堤を訪れた。水深5メートルある海底には岩場が広がり、イジュキンやヤマトビーなど数多くの魚種がヒットする。