泡瀬干潟でホソエダアオノリが大量発生し、貝類の死骸が見つかっている問題で、泡瀬干潟を守る連絡会(小橋川共男・漆谷克秀共同代表)は29日、埋め立て事業を実施している沖縄総合事務局と県に原因究明と対策を求めた。