この冬一番の強い寒気が南下する影響で、23日の県内の天気は荒れ模様となり、本島を中心に気温が上がらない寒い一日となる。寒さは25日まで続き、ピークは24日で、最低気温は那覇で7度になる見通し。

沖縄本島の宜野湾市方面です。風雨が強く、海も荒れています

 気象庁などによると、23日の天候は、県内全域で曇りか雨。本島北部と久米島の最高気温と最低気温は、いずれも15度で一日中温度が上がらない。中南部の最低気温と最高気温は16度で、このうち、那覇では、平年に比べて最高気温が3度下回る。

 このほか、南大東島では最高気温が平年並みなのに対し、宮古島では最高気温が18度、石垣島では17度と例年を2~3度下回る。

 風も強く、23日の予想最大風速は県内で20メートル(最大瞬間風速30メートル)に上る見込み。

■那覇―奄美―鹿児島の船便、24日欠航

 マリックスラインは22日、天候不良が予想されることから、24日朝の船便「クイーンコーラル8」を欠航すると発表した。上り便で、午前7時に那覇を出発し、奄美大島などを経由して鹿児島に向かう航路。