雨や強風で荒れた天気となった23日、空や海の便に一部欠航が出たり、沖縄県内で予定されていたイベントが相次いで中止になるなど影響が出た。

 航空便では那覇と与那国などを結ぶ琉球エアーコミューター(RAC)の計6便が欠航し、船便も計181便で運航を取りやめた。

 欠航したRAC便の内訳は、与那国と那覇を結ぶ往復便の計2便のほか、与那国と石垣間を往復する計4便。船便では、久高-安座真、泊-座間味、石垣-竹富など、計38航路181便で運航を見送った。

 23日に首里城公園で予定していた琉球王国時代の祭祀(さいし)行事「百人御物参(ももそおものまいり)」を再現するイベントも中止となり、24日の実施については、首里城公園管理センターが午前中の対策会議で判断する。

 中止となる24日のイベントは、「第3回とみぐすく産業フェスタ」「第10回嘉手納町産業まつり」「第39回沖縄市産業まつり」、音楽イベントの「うみ・そら・おんがく・おきなわ2016」など。

 24日に南城市知念久手堅のがんじゅう駅・南城で開催予定だった「ハートマルシェinハーブの里・南城」は、2月14日に延期することが決まった。