【東京】新国立劇場芸術監督などを歴任した舞台演出家の栗山民也さん(65)が4月18~21日、浦添市のてだこホールで演劇教室を開く。2004年から11年まで北谷町で行って以来、7年ぶりの開催。「すごく楽しみ。今の沖縄の中から出てくるものを育てたい」と意欲を示し、沖縄の演劇人の参加を心待ちにしている。(東京報道部・西江昭吾)

7年ぶりの沖縄での演劇教室を「楽しみ」と話す栗山民也さん=東京都内

 演劇は時代を映す鏡-。栗山さんは、英国の劇作家シェークスピアの言葉を挙げて「時代の空気の中から生まれた作品をつくらないといけない」と語る。辺野古新基地建設問題で苦悶(くもん)する沖縄。「政府のまやかしが露骨に出ている今の政治状況を、逆に武器にしていかないと」と力を込める。

 栗山さん自身もかつて欧州で演劇と出合い、引かれていく中で、東西冷戦の象徴である「ベルリンの壁」などを目の当たりにし、人間はどう生きるべきなのかを常にテーマにしてきた。

 久しぶりの沖縄での演劇指導に「沖縄の演劇人はどうなっているんだという興味はある」。東京でみられるような“横並び”の個性とは異なり、貪欲な好奇心が良さだと感じている。

 「舞台芸術は守りに入った時点で死に絶える。歌舞伎であれ、能や狂言であれ、若い人がいろいろ実験し、活性化していく」。今回の演劇教室にもプロ・アマを問わず、興味ある人の参加を待っている。

 一方で「わずか数日間で演劇はできない。むしろ、自分の周りにある壁を一つでも二つでも超えていこうという前向きな気持ちになってもらえたら」と話す。「演劇はもともとプレー(遊び)。勉強だと思わず、いい意味での遊びをしましょう」と呼び掛けた。

 問い合わせはアニマ・エージェンシー、電話090(2730)8576、またはメールsim@anima‐agency.jp