沖縄労働局(待鳥浩二局長)が30日発表した2月の有効求人倍率は1・14倍(季節調整値)となった。地域別の有効求人倍率(原数値)は本土復帰以降初めて、県内全5カ所のハローワークで1倍以上となった。 今回、ハローワーク沖縄が初めて1倍を記録。