「児童の心を追い詰め、自死に向かわせた大きな要因の一つにいじめがある」 2015年10月、豊見城市の小学4年生の男児が自殺した問題で、市教育委員会のもとに置かれた第三者委員会は、自殺の原因をこう結論付けた。 少年を死に追いやった原因と責任を、教育現場は重く受け止めるべきだ。