日本航空(JAL)は4〜6月まで、地域の魅力を発信する「新・JAPAN PROJECT(ジャパン・プロジェクト)」を展開する。世界自然遺産候補地の沖縄と奄美、南九州の3地域を機内誌などで重点的にPRするほか、県産食材を使った機内食も販売する。