【北部】鉄軌道の導入と本島北部の振興を考えるシンポジウム「沖縄本島縦貫鉄道と北部振興」が19日、名護市の名桜大学で開かれた。琉球大学名誉教授の池田孝之さんが基調講演し、鉄軌道の導入で物流や企業立地など促進に効果が期待できる一方、日帰り観光が増える可能性も示唆した。北部市町村から約350人が参加した。