豊見城市の第三者委員会は、亡くなった男児が受けてきた行為を学校や市教育委員会が「トラブルであっていじめではない」と矮小(わいしょう)化したことを「極めて問題」と厳しく指摘した。