陸上自衛隊第15旅団(那覇市)は29日、演習場内で訓練中、装備の銃を地面に放置したとして、第51普通科連隊の男性陸士長(21)を同日付で戒告処分にしたと発表した。 司令部総務課広報・渉外班によると陸士長は昨年10月2日、大分県の日出生台演習場内で訓練中、地面に銃を放置。