いじめ被害を訴えていた小4男児の自殺から2年半。2年以上の調査で報告書をまとめた第三者委員会は、学校側や豊見城市教育委員会の対応について、児童のSOSに対処しなかったことや5件のいじめを「トラブル」として認識していたことを厳しく批判。会見した市教委は「報告書を検証する」などと繰り返した。