南風原、八重瀬両町で給水事業を行う南部水道企業団の職員労働組合(城間睦之執行委員長)は28日、那覇市の自治労県本部で会見し、企業団の団体交渉打ち切りは、労働組合法で禁止された不当労働行為に当たるとして、県労働委員会に救済や斡旋(あっせん)など今後求めると発表した。