9秒でまるわかり!

  • 沖縄本島で初めて「雪」を観測。久米島でも39年ぶり2度目
  • 1月24日夜に名護市で、雪に分類される「みぞれ」が降った
  • 国頭村奧では県内観測史上2番目に低い3.1度を記録

 強い寒気が流れ込んだ24日夜、沖縄県名護市と久米島町でみぞれを観測した。1977年2月17日の久米島以来39年ぶりで、みぞれは分類上、雪に含まれるため沖縄県内での降雪は観測史上2度目となる。沖縄本島では初めて。

やんばる学びの森の事務所近くに降ったあられのようなもの=24日午後5時ごろ、国頭村安波(島袋功さん提供)

 久米島町謝名堂で午後9時56分から6分間、名護市宮里で10時26分から15分間など断続的に観測。各地で「あられ」や「ひょう」も確認された。国頭村奧で午後10時49分、県内観測史上2番目に低い気温3・1度を記録。県内観測地点28カ所のうち14カ所でその地点の観測史上最低気温となった。