24日の宜野湾市長選で現職の佐喜真淳氏が当選した。沖縄の不条理を訴え、政府と対峙(たいじ)してきた翁長雄志知事にとっては「初の敗北」(政府関係者)。6千票近い差に、「こんなに差がつくとは思わなかった」(沖縄県幹部)と衝撃が広がった。