気温8度、強い寒風が吹きつける中で行われた新生FC琉球の初陣は、J1のFC東京に引き分けだった。入団2年目のGK今野太祐は「負けなかったことは大きな収穫。自分たちがボールを持てる時間も長く、ミスが起きた後でもお互いにカバーできていた」と前を向いた。 守護神の今野がチームの危機を救った。