前著「沖縄幻視行」執筆の時に知った「淡水レンズ」という言葉がきっかけで多良間島に興味を抱いた著者が、5年以上かけ島を取材した成果をまとめた。