沖縄観光コンベンションビューローの平良朝敬会長がオーナーを務めるかりゆしグループが、名護市辺野古の新基地建設に反対する政党、労組、企業、市民団体などでつくる「オール沖縄会議」を脱退することが分かった。同会議の特定の政党色やイデオロギーが強くなったため、脱退を決めた。3日、かりゆしの當山智士社長が会見して発表する。

 11月想定の知事選で、現職の翁長雄志氏を擁立することを念頭に、翁長氏の支援は継続する。

 また、県政与党が知事選候補者選定のために設置した政党、経済界、労働組合などで構成する「調整会議」にも平良氏は参加しない意向。平良氏は翁長氏の出馬が大前提との立場で、候補者を選定する会議には賛同しないとしている。

 平良氏は、辺野古新基地建設反対などを訴えた「建白書」の実現に立ち返るべきとの考え。民意を再確認するための手段の一つとして県民投票の実施を求めているが、同会議が否定的なことも脱退の理由となった。