県は2日、世界的に貴重な海域である名護市辺野古と大浦湾を守るため、辺野古新基地建設計画の断念を求める声明文を安倍晋三首相や沖縄基地問題の関係閣僚ら8人に送付した。トランプ米大統領など米政府関係者には英訳を作成次第、送付する。 声明文は3月24日の県主催「辺野古・大浦湾シンポジウム」で採択した。