沖縄現代史研究の第一人者で沖縄大学元学長の新崎盛暉さんが3月31日午後、肺炎のため南風原町の病院で亡くなった。82歳。 昨年11月、破裂性急性大動脈解離で緊急入院し、治療を受けていたという。