浦添市民体育館で開催中の「第70回沖展」で週末や祝日に行う作品解説会が盛況だ。3月21日の開幕日の絵画・漆芸・書芸を皮切りに、10ジャンルが開かれた。審査や運営を担う沖展会員が担当。画家や工芸職人、書家、写真家が多様な表現世界を紹介している。