豊見城市の小4男児が2015年に自殺した問題で、市教育委員会が設置した第三者委員会(委員長・天方徹弁護士)はいじめが自殺の主要因の一つだったと結論付ける一方、「一つ一つのいじめの深刻さは重度とまでは言えない」「自殺の危険を具体的に予測することは容易ではなかった」とも指摘した。