【本部】沖縄美ら島財団は26日、イタチザメの子が子宮内の液体から有機物を吸収して成長することを解明したと発表した。他のサメが胎盤とへその緒を通じて栄養を受け取るのに比べ、特殊な繁殖方法だという。

イタチザメ(沖縄美ら島財団提供)

妊娠初期のイタチザメの子(上)と卵黄(沖縄美ら島財団提供)

イタチザメ(沖縄美ら島財団提供) 妊娠初期のイタチザメの子(上)と卵黄(沖縄美ら島財団提供)

 危険ザメとして知られるイタチザメは一度に最大80匹を出産する。卵黄はあるが、子ザメが母ザメの胎内で重さ10倍に成長することから、それ以外の栄養源があると推定されていた。

 総合研究センターの佐藤圭一博士は「サメは基礎的な情報でも分かっていないことが多い。繁殖方法が分かれば保護や飼育下の繁殖にも役立つ」と説明。イタチザメの個体を提供した県内各地の漁協に感謝した。

 米海洋大気局のホセ・カストロ博士、米クレムゾン大学の故アシュビー・ボーディン博士と10年がかりで共同研究した。22日に英学術誌「マリン・バイオロジー・リサーチ」オンライン版に掲載された。