沖縄県名護市辺野古の新基地建設に反対する米軍キャンプ・シュワブのゲート前座り込み行動は27日、毎週水・木曜日の抗議強化日に合わせて市民ら最大約300人が集まった。午前10時半までに、工事車両の進入は確認されていない。

米軍キャンプ・シュワブ第2ゲート前でもみ合う新基地建設に抗議する市民らと機動隊員=27日午前7時16分、名護市辺野古

 第2ゲート前でも、午前7時20分ごろから同40分ごろまで約70人が座り込んだが、機動隊員に強制排除された。

 一方、大浦湾では船3隻とカヌー11艇が抗議した。コンクリートブロックを積んだ大型作業船の動きは確認されていない。